人気ブログランキング |

タグ:SAL70300G ( 167 ) タグの人気記事

ツマキチョウにルリカケハ

今年のテーマのひとつは昆虫。何しろ 我が家の近くには狸に梟がおわす。
従い昆虫もたくさんおわすに違いないし、もしやして 希少品種もいるやもしれぬと思いながら本日はフィールド歩きに専念していた所
偶然会った人が 蝶の採集を趣味とする人。大きさにして2センチにも満たない蝶を指差して教えてくれた。
珍しい蝶で それも 羽化したばかりで まだ飛べないのでじっとしているとの事であった。
c0226280_2022194.jpg

こちらは 独力で見つけた蝶 ルリカケハと言うらしい
樹液を吸いに飛んで来た所我が輩に見つかってじっとしているのである。
木に停まると今までの可憐な姿を消して忍者と化すのである。
c0226280_17162678.jpg

時々逃げようと羽を伸ばすのだが、それがなかなか撮れない。
最後に羽を伸ばした瞬間、シャッターを押したのだが飛んでいってしまったのである。
結果は動体ぶれ 連写をしていたのだが シャッタースピード1/100なので
残念ながらその美しい姿を捉えることができなかったのである。
うーん 悔しい リベンジを誓うのであった。
c0226280_17215022.jpg

by vacpt | 2014-04-13 17:07 | 千葉

奥多摩小河内ダム

桜を追いかけて奥多摩湖まで遠征
5時過ぎの始発で出て現地に到着したのが9時半過ぎ
バスの本数が少ないのがネックである。
先ずは撮ってみたかったのが 遠方にある山桜
もっと 桜が多いと思っていたのだが それほどで
なかったのである。
春霞で 遠くはかすんでいたが Ihotoで少しばかりメリハリを付けさせてもらった。
c0226280_2344755.jpg

c0226280_2373170.jpg


途中女子の集団に会った。
桜をバックにモデル撮影 
どちらかというとこちらを撮ってみたかったのである。
c0226280_23124242.jpg

by vacpt | 2014-04-12 23:04 | 東京

佐倉城址公園

佐倉は千葉では珍しく
文化と誇りを感じさせる街である。
決して東京の真似などしていない。
c0226280_2245353.jpg

c0226280_2291049.jpg
c0226280_2273159.jpg
c0226280_2255323.jpg

c0226280_22195358.jpg

by vacpt | 2014-04-09 22:13 | 千葉

二線ぼけ NO.2

先日から ぼけに関し考えている。
SAL16-105のテレ端105mm 開放で 
バックに枝などが 込み入った風景を撮るのは
よした方が良いと わかった。
そんな場合は SAL70-300G f3.5-5.6で撮るほうが
結果は良いと思えるのである。
本日の添付写真は すべて70−300Gであった。
バックが 単調だと ぼけも美しいが よくある写真なので
面白みに欠けるのである 300mm f5.6
c0226280_1955504.jpg

枝が込み入ってたとしても 遠くから撮ると 二線ぼけはあまり目立たない。
200mm f5.6
c0226280_19545476.jpg

近くの花びらに焦点を合わせ 遠くをぼかすと 二線ぼけが発生
楕円形のぼけモで問います。 ここら辺は 70-300Gの限界かなと思うのである。
160mm f5.6
c0226280_1955121.jpg

やっぱり遠くの物 全体を引き寄せた場合は 枝が込み入ってたとしても
平気なのである。70mm f5.6
c0226280_19543995.jpg

by vacpt | 2014-04-08 19:55 | 機材

意図せざる写真 二線ぼけ

SAL16-105のテレ端(105mm)を使って桜の花を開放(f5.6)で撮ってみた。
私のイメージでは バックの桜はピンク色にぼけ
近くの桜だけが際立つというふうな はずだったのだが
期待は見事にはずれ バックは何とも落ち着かないぼけになってしまったのである。
これは 機材の所為ではない。 経験不足なのである。
レンズの癖 カメラの癖を知る事は非常に大切だ。
本来は 同じ場所、同じ時間にSAL70-300Gの105mmを使って
撮れば 貴重なデータを得れてよかったのだが 惜しい事をした。
c0226280_2050279.jpg

c0226280_21534916.jpg

c0226280_20514356.jpg


こちらは SAL70-300G 130mm f6.3で撮ってみた。
背景のぼけはそれほど気持ち悪くはない。
c0226280_2055446.jpg

by vacpt | 2014-04-07 20:49 | 機材

秀月の雛人形

四半世紀前に大阪は松屋町の秀月で買った雛人形である。
今日は 仕丁たちにモデルになってもらったのである。
娘たちと違って 文句を言わないのが良い。
レンズは SAL70-300G (焦点距離は110-120mm)
すべて ISO200 開放で撮ったのである。
c0226280_20141179.jpg
c0226280_20132744.jpg

c0226280_20124396.jpg

これは ISO1600 開放 明るい所だと ISOを上げても 問題ないようだ。
c0226280_2017449.jpg

実は 本日 カメラの健康診断
4年前に買った α550なのだが使い方が荒いのか 4−5点 センサーに
小さな汚れがあり f11をすぎたあたりから 小さなしみのような物が
現れる。 ブロアーで吹き飛ばしても取れそうにないのである。
青空や 白い背景を写す時はf11以下で シャッタースピードを上げて
撮ろう。 さしあたっては 問題なさそうである。
写真は 健康診断の風景 私の所帯道具一式なのである。
c0226280_20233010.jpg

by vacpt | 2014-03-02 20:24

鳥たちはカメラがお嫌い

昨日の都市公園でのお話
手ぶらの人が横を通り過ぎても 
何事もなく歩いていた 鴨たちが
私が カメラを構えたとたん
一目散になって 飛び逃げたのである。
そういえばカメラを構える姿は
銃のそれとよく似ているのである。
逃げられないようにうまい構え方を
練習しよう。 これからの課題である。
c0226280_20453030.jpg

c0226280_2046196.jpg

c0226280_20455887.jpg

by vacpt | 2014-02-24 20:34 |

再びカワセミ

フィールドは 暖をとる場所がないので 寒い今日は軟弱にも都市公園へ
ラッキーにも 10メートル以内の所で しかもベンチの前で
カワセミが餌をとっている。
人慣れしているのか レンズを向けても逃げないのである。
c0226280_20341256.jpg

c0226280_20122487.jpg
 
c0226280_2021455.jpg

by vacpt | 2014-02-23 20:12 |

再び鳥撮トレーニング

本日は自宅周辺 歩いて一時間圏内の探鳥活動 
かつ 鳥撮撮影のスキルアップ
見つけた鳥は アオジ カシラダカ ツグミ カワセミ モズ コガモ カルガモ
ダイサギ アオサギ バン などなどであった。
止まっている 野鳥を捕るのは 思った以上に難しい 
小鳥たちは 木々の中 葦の中などに入って なかなか出て来ないのである。
先ず見つけにくいのであるが ここは ニコンの双眼鏡モナーク7 8x30が大活躍
約7−80メートル先までの小鳥が くっきり見えるのである。
c0226280_20274547.jpg

by vacpt | 2014-02-22 20:25 |

まだ ピントが甘いのである。

タムロンから 150-600のレンズが新しく発売されるという事で
鳥撮りのため SonyからCanonにシステムを変えようかと 
悩んでいる今日この頃なのである。
しかしながら 過去の写真を見ると 写りがよくないのは
果たして αのせいなのか どうか よーく 考えて見ると
やっぱり私の鍛錬不足では ないかと思うのである。
写真は 比較的 写しやすい ハクセキレイ
70-300Gで撮って トリミング1.3倍ほど拡大した。
よく見ると 目に ピントがまだ合っていない。
もっと 鍛錬が必要だ。と言う事で とりあえずは 機材の
購入は ホールド 当分は70−300Gを持って どれだけ
うまく 鳥撮りできるか トレーニングしたい。
c0226280_2023126.jpg

二倍強拡大した。 あれ、 あっているではないか???
c0226280_2026526.jpg

さらに 二倍拡大した。やはり ピン甘なのである。
c0226280_21154030.jpg

by vacpt | 2014-02-18 20:22 |