人気ブログランキング |

<   2014年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

1980年初頭の大阪

1983年頃と言えばどんな風景だったのだろう
当時 アラーキーは新鋭鬼才の写真作家
その射風には大いに影響され オリンパスコンパクトカメラX−1片手に
ノーファインダーで町の様子をスナップしたのであった。
肖像権なんかうるさくなかった古き良き時代であったのだ
1981年当時の通勤電車(東海道線 茨木ー大阪間と思われる)
国鉄とか日本交通公社の広告が懐かしいのである。
c0226280_2301533.jpg

こちらは 大阪駅前東口 駅舎も変わったが街行く人の
ファッションも今とは微妙に違う
c0226280_2371639.jpg

大江橋から北の方を臨むと新ダイビルがあった。
その向うは 北の新地である。
c0226280_23144912.jpg

やはり面白いのは 街行く人たち
カメラだって 懐かしの一眼レフなのである。
淀屋橋 大阪市役所前
c0226280_23211962.jpg

淀屋橋から 南を臨む
自動車のスタイルは 今とは大違いなのである。
c0226280_23525731.jpg



by vacpt | 2014-10-31 20:36 | 昔の写真

私説東京繁盛記

小林信彦著荒木経惟写真の私説東京繁盛記なる文庫本を
八重洲ブックセンターで購入 なんとアウトレットで
60%Discountの360円
これで 1983年アラーキーが撮影した東京の写真が見れるのだから
なんと言うお買い得か 
c0226280_2012311.jpg

前の東京オリンピックで 変わりゆく街を嘆いているのであるが
今まさに 耐震強化のためか 6年後のオリンピックを当て込んで
いるためか 東京の町は 大きく変わっている。
数年後には ターミナル近辺には 10階建以下の
ビルを見るのは 難しくなるのではないかと思うのである。
中央通京橋の明治屋ビル周辺 大規模開発が進んでいる。
c0226280_20435636.jpg

周囲の小さなビルは今後値揚げ屋にやられてなくなって行くのでは
思われる。
c0226280_2052321.jpg

何はともあれ東京関係のガイドブックには 事欠かない。
関西出身の私には 東京は まだまだ未知の世界
修学旅行気分で 今日も歩いているのである。
c0226280_205453100.jpg

by vacpt | 2014-10-30 19:58 | 東京

二色刷は楽しい

2色刷 七難隠すと言おうか
あるいは
マンネリからの脱却で撮る気になると言おうか
写真を撮るのがそれなりに楽しくなるのである。
六本木の裏通り 高台から少し下った
こんな平凡な風景のなかに 青色はどのくらいあるのだろうかと観察もできる
c0226280_19411084.jpg

米軍基地もこの通り星条旗と日の丸だけカラーとなる。
c0226280_19461487.jpg

広尾のイタリアンレストランはもそれなりにおしゃれになる。
c0226280_19494621.jpg

by vacpt | 2014-10-29 19:33 | 機材

赤坂散策

赤坂氷川神社 徳川吉宗の時代に建てられ 戦災にも遭っていない
貴重な神社である。都会の喧噪から 10分足らずの場所に
こんな場所もあるのが 東京の面白い所である。
c0226280_20135765.jpg

まだ周囲には こんな一軒家が残っている。
c0226280_2054883.jpg

坂道を登ったり下ったり
c0226280_2016208.jpg

あたりをきょろきょろしながら坂道を降りてゆくと
c0226280_2024360.jpg

赤坂の歓楽街が見えてくるのである。
深夜ここから我が家まで タクシーで約一万七千円 
大阪だと京都まで行けるんじゃないだろうか
c0226280_208529.jpg

そして この道をまっすぐ直進して また坂道を 上がると
其処はかの有名な 総理大臣官邸が鎮座しておわすのである。

詳しくはタモリのTOKYO坂道美学 本氷川坂をご参照

by vacpt | 2014-10-28 22:30 | 東京

六本木から赤坂

六本木の東京ミッドタウン 富士フィルムがあるのでよく通う
お目当てはXXX 週代わりで 写真展が入れ替わるのも楽しみである。
完全逆光を α77に16-105mmで撮ると 
見事なフレアー X−T1ならどうなるであろう
この日は 入手できず 残念至極であった。
c0226280_22374265.jpg

この裏手(赤坂側)に回ると 赤坂中学校があるのだが 海抜27.8メートル
ここから急な坂道を約10メートルほど下る。
c0226280_2242532.jpg

そこからが 檜坂の登りになるのであるが こちらは長い距離なので
先ほどよりは 緩やかである。 
東京は 丘と谷の街なので 都心の一等地であろうが 谷底の方は
ひとたび大雨が降れば 浸水の被害の可能性大なのである。
c0226280_2259077.jpg

坂を上りきると そこは山手 一転 高級住宅街に変わるのが特徴なのである。
向うに見える高いビルが先ほどのミッドタウン
c0226280_2331623.jpg

右手の鬱蒼とした杜の中にアメリカ大使館員の住宅がある。
c0226280_2310562.jpg

たどり着いたのが氷川神社なのである。
c0226280_23314760.jpg

by vacpt | 2014-10-27 19:30 | 東京

六本木の青い空

東京オリンピックの所為だろうか
心なしか 再開発を待っている空き地が
増えているような気がする。
高度成長期に建てられたビルの新陳代謝が
本格的に始まろうとしているのだろうか
この空き地があるから ヘップバーンの広告が生きてくる。
裏の美術館からも見えるのである。
c0226280_20582173.jpg

ミッドタウンの問い面の角地が工事中。
c0226280_2110735.jpg

六本木のカトリック教会隣地も解体
向うに見えるのは アメリカ大使館職員住宅とモリアークヒルズ
大きく広い空を写せるのも今のうちなのである。
c0226280_19352727.jpg

by vacpt | 2014-10-26 20:58 | 東京

EOS7D パープルフリンジ

宮崎学さんのWEBをみてフィールドへ
本日は 家から車で20分ほどの手賀沼へ
久々にEOS7D+EF400mmL F5.6 を持ち出し写したのがエナガ?
空がバックなので+2補正すると見事な紫線
その昔300円のジヤンクレンズをα100につけて
シジュウカラを撮った所 友人に パープルフリンジを
指摘されたことがあったが これほどまでひどくなかった
購入価格は 20倍ほどの差があるのだが
お金をかけたから いい写真を撮れるというのは
大間違いである。
c0226280_2045283.jpg

c0226280_2092073.jpg

こちらは 約 30年前のZUIKO 28mm f2.8をつけたもの
露出Overないが 明るい部分には 見事なパープル
やはり レンズも最新の物を使用した方が無難のようである。
c0226280_8442619.jpg

by vacpt | 2014-10-25 20:03 | 機材

超広角の威力

東京丸の内のビル街
このレンズのおかげで高層ビルが
一枚の写真の中に収まる。
個人的には 超広角が大好きなのである
日比谷交差点側から
第一生命ビル、帝国劇場、東京会館、明治生命ビル
c0226280_2058696.jpg

c0226280_205948100.jpg

c0226280_2103693.jpg
c0226280_2113410.jpg

by vacpt | 2014-10-24 18:54 | 機材

広尾商店街

東京のど真ん中で お祭り
決して大きくはないが
老男若女 お揃いで
楽しそうである。
こんな高級住宅街なのに
意外と小さな子どもたちが一杯
結構幸せそうである
貧富の差が大きくなっているのかもしれない
c0226280_20305215.jpg

c0226280_20315585.jpg

c0226280_20342166.jpg

c0226280_20371321.jpg

by vacpt | 2014-10-23 19:28 | 東京

元麻布散策

こじんまりした お寺がいくつもある 寺町なのである
c0226280_1947581.jpg

c0226280_19493756.jpg

by vacpt | 2014-10-22 19:38 | 東京