人気ブログランキング |

<   2014年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ベンロ 三脚 A0690TB00

午後 都内のカメラ屋に
目的は ゼロフック という首の負担がゼロに
なるという優れものを 買うためだった。
ハクバからこれを標準装備している リュックサックがあったので
この留め具に カメラのハーネスをかけて背負ったのだが
結果は 良くない。 まさしく ゼロに近い効果で
これなら やらない方がマシな 代物であった。
仕方がないので 三脚売り場に行く。
今後 気軽に持ち出せる三脚が欲しいと思っているのである。
そこに現れたのが こいつ ベンロの アルミ三脚
耐加重 6KGS 自重 1.2KGS 価格は 一万4千円ほど
これに α77 16-105を乗っけて撮ってみた。
c0226280_20381984.jpg

ちょっと買いたくなったのである。
また 1月ほど悩まなければならない。
by vacpt | 2014-07-27 20:39 | 機材

印旛沼への道

来週は上高地から槍まで約10時間歩かねばならない。
本日は トレーニングモ兼ねて 印旛沼まで 直線距離で約20Km強を
走破するつもりで 六時ごろ家を出たがあまりの暑さにリタイアー
12−3KM地点で電車に乗ってしまったのである。
家を出るときに握り飯を3個ほど食べたのだが 駅についた10時過ぎには
腹ぺこであった。 ペットボトルの水はそれほど飲まなかった。
行動食は 十分に持って行った方が良さそうである。
c0226280_1359577.jpg

のどかな田園風景が 続くのである。
真ん中まっすぐ彼方が 印旛沼である。
c0226280_14212533.jpg

早くも稲穂が出ているのである。最近のカカシは かわいい
c0226280_1359445.jpg

本来は こちらを左に曲がると 印旛沼に行くのだが
c0226280_1413458.jpg

熱中症が怖くて 右折したのであった
c0226280_14154468.jpg

まっすぐまっすぐ行くと 海浜幕張に出るのである。
機会があれば 挑戦してみよう
by vacpt | 2014-07-26 14:03 | 千葉

α77で撮る光芒

出勤前の散歩道
風景は変わらないのだが
その顔は 光の具合によって毎日変わる。
故障した16-105のレンズがメンテナンスを終えて帰って来た。
気持ち 写りが良くなったような気がする。
特に逆光時。クリーニングをしてくれたので
あまり よけいなゴーストが出ていないようだ
c0226280_2143332.jpg

c0226280_2155349.jpg

c0226280_217562.jpg

最後は 木に茂 花びら
c0226280_2114724.jpg

by vacpt | 2014-07-25 21:06 | 千葉

α77で撮る日比谷公園

昔は よく通ったのだが最近はご無沙汰している
日比谷公園。
α77で撮ってみた。
c0226280_20422825.jpg

c0226280_204571.jpg

c0226280_21474774.jpg

c0226280_2148424.jpg

by vacpt | 2014-07-24 20:45 | 東京

α77 みんなで買いましょう

私は 決して ソニーの回し者ではない。
α77 この不遇のカメラをつい弁護したくなるような
最近の価格の凋落ぶりなのである。
このカメラ 決して悪くない。
特に露出は あわせやすい。
結構 明暗差がある場所でも
EVDを見ながら細かい露出設定ができるので
あまり色つぶし色飛びなしで撮れるのである。
c0226280_20402678.jpg

c0226280_20364733.jpg

c0226280_20483351.jpg

c0226280_2052080.jpg

c0226280_2053393.jpg

by vacpt | 2014-07-23 20:33 | 機材

α77 とうとう49,800円

友人から LINE  ヨドバシのチラシにα77がY49,800
で販売されているとか
わずか 3年ほど前に13万円近くで販売されていたカメラが
急落している。
これだけの値段なら 買いですよ
腐っても鯛 一眼レフ それもミドルクラスなのである。
世間では 悪く言われているが 二ヶ月ほど使用したのだが
動体に対するオートフォーカスは今ひとつだが
(これは機材の所為というより腕の問題が大なのである)
露出のあわせやすさ 
ピーキングでのマニュアルフォーカスの簡単さ
などなど いい所を上げればきりがないほどなのである。
そんなカメラで撮った 朝の散歩道
c0226280_21134194.jpg

c0226280_2120320.jpg

by vacpt | 2014-07-22 21:05 |

丹沢 大倉尾根

本日は 丹沢 塔が岳に登る。
例のごとく 渋沢から 大倉尾根伝いを
1200メートルを登った。
写真と違い 登山は 登ると
達成感が 大きい
今夜はよく眠れそうである。
関東の山は頂上に向かうほど面白い
本日は 寒くて氷どころでは なかったのである。
c0226280_21105615.jpg

なかなか頂上は 顔を見せてくれない。
c0226280_21122048.jpg

頂上の尊仏山荘 コーヒーが美味しいのである。

c0226280_21153493.jpg

by vacpt | 2014-07-13 21:13 | 神奈川

続 金木戸川双六谷 1981年8/12-15

稜線に出て使ったフィルムは 
サクラの赤外線 
コダックから出ていた低感度フィルム パナトミックX
であった。
このとき 持って行った一眼レフ OM10を間違って沢
の中に水没させているはずなのだが なぜか 稜線上でも
写真を撮っている。 どのカメラで 撮ったのか
記憶にないのである。
鏡平から槍穂高連峰を臨む。
c0226280_2151518.jpg
 
ちょいとぶれているのだが 当時の鏡平の小屋である
c0226280_21583973.jpg

c0226280_22202972.jpg

若かったので 下りなんかヘッチャラで スニーカーで走ったのである。
c0226280_2223644.jpg

当時の 登山服 今とは違い ニッカホースが主流であったが
我々 若者は ジャージにスニーカーというのがはやりだったのである。
c0226280_22410100.jpg

by vacpt | 2014-07-10 21:47 | 昔の写真

金木戸川双六谷 1981年8/12-15

八月に久々に北アルプスへ登ろうと考えている。
実に30余年ぶりで気持ちがわくわくしている。
最近 昔の白黒フィルムをデジタル化していると
1981年夏の 北アルプス 金木戸川 双六谷の
写真が出て来た。
使用フィルムの記録に寄ると 8/12-8/15の山行であった。
1−2日目 金木戸川ゲート→双六谷
3日目 双六谷→双六小屋
4日目 双六小屋→鏡平→小池新道→新穂高温泉
ではなかったかと思う。
今回も このときに一緒に登ったメンバーを誘ったのであるが
仕事が入っているとか 足腰が立たないとかで
夢の共演は 断念となってしまったのである。
ちなみに使用フィルム 及び現像記録は
ネオパンSS  ASA100 フジドール 1:1 22℃ 
トライX   ASA400 D76  1:1 22℃ 
サクラ赤外線 
パナトミックス ASA32
先ずは 最寄りの駅の写真 高山駅なのかどこかは記憶にはないが
このディーデル機関車なんかは 今では見られないのではないか
女の子もその頃のはやりの格好をしているのである。
c0226280_20123433.jpg

c0226280_21144549.jpg

金木戸川のゲートである。
それにしてもこの人は誰なのだろうか 
タクシーの運転手さんかな もう記憶にはないのである。
c0226280_20141492.jpg

当時は若かったのである。
こんな大きなザックを担いで テント持ちで
双六谷を 遡行したのである。
c0226280_2021165.jpg

c0226280_20313236.jpg

一日目のサイト地はこの岩上であったと思う。
テントなんか張らなかった
ビールを飲んで寝入ったのであった。
c0226280_2034443.jpg

とにかく 休憩するたびにお湯を沸かして食事していたような気がするのである。
c0226280_20382972.jpg

遠い昔の話しなのである。
by vacpt | 2014-07-09 20:10

坪井のお城跡

その昔 室町痔代から戦国時代にかけて
この台地の真ん中にはお城があったという。
従って 周囲が 住宅に開発され整地する前には
必ず 市の方から文化財保護のため 史跡調査が入るのである。
c0226280_201702.jpg

上の方の住宅のあるあたりが 城跡らしい。
c0226280_2019611.jpg

少し歩くと 竹やぶなのである。
京の人から叱責を暗いそうであるが ここを通ると
嵯峨野を思い出してしまうのである。 
c0226280_20205733.jpg

それをくぐり抜けると 畑地が広がるのである。
c0226280_20223285.jpg

引き返すと坪井の集落である。
所々にこのような お地蔵さんが置かれている。
何度も言うのだが ここの集落の人たちは
その昔 平氏打倒のため 頼朝の挙兵に馳せ参じた
武士の末裔なのである。
c0226280_20442872.jpg

c0226280_2041913.jpg

by vacpt | 2014-07-08 20:19 | 千葉