人気ブログランキング |

<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

京の町家

烏丸三条近くで 売りに出されていた町家
場所柄 坪300万円近くするという
前から見ると 狭いのだが うなぎの寝床で
60坪近くあるそうだ。
老人一人きりですんでいたため リフォームもされず
それこそ 建てたままの姿が残っている貴重物件
さぞかし 寒そうである。
台所である。 3階屋根裏まで筒抜けである。
c0226280_20305982.jpg

お風呂は五右衛門風呂で 母屋とは離れている。
トイレも同じ
c0226280_20333685.jpg

薪口もそのまま 懐かしいなあ
c0226280_20343560.jpg

台所の 福の神?
c0226280_2036374.jpg

母屋から中庭方面を覗くと うなぎの寝床である。
c0226280_20383447.jpg

中庭から母屋を覗くと やはり うなぎの寝床
c0226280_20422883.jpg

屋根裏は かくのごとし
c0226280_204334100.jpg

中庭には 朽ち果てとはいえ蔵があります。
c0226280_2045672.jpg


ご興味のある方は こちらまで
by vacpt | 2014-01-28 20:38 | 京都

印旛沼赤富士

一週間前の事である。
朝から冷たく近くから富士山が見えた。
夕方には 印旛沼からも見える事を 確信。
セントリカーさんをお誘いして一緒に撮ったのがこの一枚
f10、1/250でシャッターを切った。
前景から 後ろまでピントがあったようだ。
c0226280_16512890.jpg

ちょっと体がほてるなーと思っていると翌日から 発熱
インフルエンザとなり 出社には及ばずとなり
一週間休むことになったのである。
by vacpt | 2014-01-26 16:40 | 千葉

なべころ坂 

再びタモリのTokyo坂道美学
本日は126ページの目黒は なべころ坂周辺を探索
我が家の近くにもある 庚申塔
こちらはなべころ坂公園で 1660年のころの物
c0226280_2085618.jpg

馬喰坂から目黒川を見下ろす。
向うの高いビルは 恵比寿の都立写真美術館 その横には 東京タワーが見えるのである。
c0226280_20122974.jpg

長泉院というお寺がある。
この敷地には 170体の彫刻が展示されており 無料で見学できるのである。
c0226280_20182078.jpg

こちらの彫刻 なかなかリアルで色っぽいのである。
東京の隠れた観光スポットだ。
c0226280_20222779.jpg

c0226280_20303015.jpg

中目黒の駅へ戻るとランドマークの高層ビル
こんな所に昔ながらの商店街
目黒銀座があったのである。
c0226280_21324454.jpg

by vacpt | 2014-01-18 20:09 | 東京

方広寺

1798年までこの場所に大仏殿があった。
当時は 京の街にかかせないほどの
存在感があったそうだと聞いたので
一度見てみようと思った。
今は中心に大木の幹が残るだけの公園で 向うに
豊国神社の屋根が見えるだけの 広場と化している。
c0226280_21355169.jpg

方広寺というと国家安康の文字が 徳川家を分断する物であるとのことで
大阪夏の陣を引き起こした曰く付きの鐘があるという有名なお寺。
今もって 健在なのであるが 
江戸時代は境内に野ざらしで捨て置かれていたらしい。
c0226280_21493228.jpg

ここのお寺のおばさん 完璧にアンチ徳川で 面白い。
十分なお布施もできていないのだが案内を買って出てくれ
鐘の内側に棹さしこちらのあの場所(上から1/3のほどの所の瓢箪型の
しみの部分)に女の人顔が見えるでしょう
あれはね ねね様(秀吉の奥様)なんでよ と 教えて頂きました。
怨念でできたとの事であります。(これは学校で教えてもらえなかった)
c0226280_21561632.jpg

方広寺の隣には明治時代に建てられた 豊国神社がある。
本来は この向うに大仏様がいなければならなかったのである。
c0226280_22405528.jpg

昔は ここから 鴨川を 眺めることができたのではないか
前に広場があるのは その昔 大仏殿があった名残りなのでしょう。
今は無き物を見て昔を思う 歴史の面白さなのである。
c0226280_229463.jpg

ところで この界隈に 美味しいお餅屋があったそうなのだが
今度行ったときは捜してみよう。
皆さん 上洛の節はぜひとも方広寺へお来しください。
by vacpt | 2014-01-16 21:56 | 京都

三十三間堂

この連休を利用して 少しばかり京都見物
目的は 三十三間堂
京都の建物は古いとはいえ
寺社仏閣で 江戸時代 町家は ほとんど 明治時代以降である
そんな中で 三十三間堂は 元はと言えば
平清盛の時代からあるのである。
拝観料を払うのは 若干抵抗があるが
このお寺は 値打ちがある。
何せ 中尊を中心に1001体の観音が
おわせられるのである。途中 室町 安土桃山 江戸 昭和と 大改修がなされて来たとはいえ 原型をとどめているのは奇跡というほかないのである。
寺の解説によると地盤は 粘土層 砂層を交互に重ね 免震効果を
高めているという。 

c0226280_21481351.jpg


c0226280_2253683.jpg

by vacpt | 2014-01-14 21:48 | 京都

千葉県立房総のむら

江戸時代の町並みを再現した博物村
千葉にうまい物なし いい所なしと思っていたが
ここはなかなかの物だと思った。
入場料は 300円 駐車代無料で一日楽しめます。
c0226280_21345712.jpg

c0226280_21355269.jpg

c0226280_21363927.jpg

c0226280_21383339.jpg
c0226280_21365130.jpg

by vacpt | 2014-01-06 21:38 | 千葉

タモリの Tokyo 坂道美学入門 

講談社出版 タモリのTokyo 坂道美学入門 を半年ほど前に買ったが
読まずじまいにしていたが 昨日ちょっと
読んでっみると面白いので行く事にした。
今日は 120ページの 別所坂
c0226280_1954860.jpg

公園があったので ちょっと階段を上ると 絶景かなである。
c0226280_1959121.jpg

別所坂を振り返る
c0226280_203924.jpg

坂をおりきると 目黒川が見える
c0226280_2024378.jpg

目黒のサンマの舞台になった 茶屋の清水の跡
c0226280_2063725.jpg

ここから先が 茶屋坂という。向うの高いビルに東京写真美術館が入っている。
c0226280_20335722.jpg

登りきり 来し方を振り返ると 防衛庁職員官舎のアパート
いつか別物に変わるだろうと思いパチリとしたのである。
c0226280_20151618.jpg

タモリの本の写真もご参照ください。
by vacpt | 2014-01-05 19:59 | 東京

印旛沼

今日も早朝から 印旛沼
色々撮ったのだが
朝一番 三脚もつけずに撮った
c0226280_2039723.jpg

日の出近くになると
c0226280_20384926.jpg

という風になる。
ところで 今日の脇役は 鳶君
c0226280_20462070.jpg

by vacpt | 2014-01-04 19:50 | 千葉

印旛沼

ちょっと遅刻したが早朝に到着
昨日は あまりいなかったのだが
今日は 三脚持った人が10人ほど
どうも撮影スポットのようである、
生憎 東の空は曇っていて
眠たい写真しかとれないかと思いきや
光芒が現れた。
背景が良くないのはちょっと残念。
c0226280_1713497.jpg

今日は こんなヤツにも
お会いできたのである。
c0226280_17211325.jpg

by vacpt | 2014-01-03 17:14 | 千葉

印旛沼

だだっ広い印旛沼に再挑戦
3年ほど前に訪れたが だだっ広くて
絵にするのが難しかった。
いろんな鳥がいるとブログで読んで
車で半時間ほど駆けて到着
c0226280_20242751.jpg

久々にカワセミに出会う
c0226280_20272815.jpg

by vacpt | 2014-01-02 20:25 | 千葉