人気ブログランキング |

<   2011年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

観潮楼

森鴎外が住んだと言われる団子坂の
観潮楼から東側を臨むと
ビルの隙間から スカイツリーが
鴎外が住んだ頃は ここから 海が見渡せたというのだが
c0226280_21243257.jpg

by vacpt | 2011-10-31 21:24 | 東京

谷中

先週末に続いて本日もお江戸へ出陣
上野の丘から北へとのびる台地の真ん中ほどにあるのが
谷中 丘の上にあるのになぜ 谷中???
時が止まったような建物が健在なのである。
先ずは お墓の入り口にある花屋さん
ふじむらやさんをパチり
c0226280_1751444.jpg

c0226280_19473861.jpg

by vacpt | 2011-10-30 17:51 | 東京

タキちゃんがやってきた

ショウビタキのタキちゃんを見つけた。
秋も深まり行く
c0226280_1920522.jpg

by vacpt | 2011-10-29 19:21

明王院

三崎坂を上り左手に曲がると明王院
その屋根はまるで 奈良は飛鳥
のお寺みたいなのである。
c0226280_220778.jpg

by vacpt | 2011-10-28 22:00 | 東京

三崎坂上より来し方を振り返る

団子坂下の雑踏を離れ 三崎坂を上ると
夕暮れ時もあり 観光客もまばら
ここは 谷中 
東京で 最も空が広く見える所ではないだろうか
何せ お寺ばかしなので ビルが建つ余地がない
大阪だとこうは行かない
採算の悪いお寺は ラブホに蔵かえ
ネオン赤々なのである。
というわけで 鎌倉なんかより ここへ来ると
ちょっと 小京都 気分が味わえるのである。
でも江戸の人は 偉い
決して 小京都は 言わないのである。
将軍様のお膝元だからだろうか
c0226280_22152126.jpg

by vacpt | 2011-10-27 20:11 | 東京

団子坂を下ると

スカイツリーが見える。
こんな所から見えるのだ。
向うの高台は谷中。
江戸の低地には その昔 必ず 小川が流れているはず
ここにも藍染川という小川が左から右に流れ不忍池に注いでいた。
今は蛇道と言われている。
東京は一見見ると平野だが
20メートルほどの高台とそれを削るような小川の繰り返しである。
千葉の田舎に行くとその原型が見られる。
c0226280_21152228.jpg

by vacpt | 2011-10-26 20:06 | 東京

東叡山御林

光源寺の東隣には その昔寛永寺の護摩に使う木材などを
育てる 大きな林があった。明治の世になりそこは開かれ
高村光太郎など 著名な文化人が住み 今では
これが都内かと思われる 高級住宅街なのである。
ちょっと下ると ピンサロまでは行かないが 
ごみごみした雑踏なのであるが................
東京に来ると山手の響きがよくわかる。
ちなみに 東叡山とは江戸の比叡山(延暦寺=寛永寺)
とのことらしい。
c0226280_2224439.jpg

by vacpt | 2011-10-25 19:43 | 東京

光源寺大観音

光源寺の前の通りを大観音通りと呼ぶ。
そのまま東に行くと 漱石の小説などにも出てくる団子坂
50メートルほど下ると不忍通りと交差し三崎坂へと
名前を変えながら谷中へと続くのである。
今では高級マンションになっているが、
原始女性は太陽であったで有名な青鞜社発祥の地などもあり、
なかなか歴史深い場所なのではある。
京都は 見て歴史を感じ、 
東京は 想いて歴史を感じる街なのである。
光源寺の大観音は このお堂の一番上の窓から
我々を見下ろしているとか
戦災で先代が無くなったのが悔やまれる。
c0226280_2183991.jpg

by vacpt | 2011-10-24 21:08 | 東京

文京区向ヶ丘光源寺

無縁仏
相変わらず 青色と仏さんのマッチングがうまくできず
何度も撮り直し
仏様をたてれば空がたたず
空をたてれば仏様が浮かばれぬ
仕方なく 空をたて
Iphotoで自動補正すると
仏様が浮かんできた
南阿弥陀仏 南阿弥陀仏 文京区 光源寺
c0226280_21441889.jpg

by vacpt | 2011-10-23 21:44 | 東京

恵比寿

東京写真美術館でぐっすり居眠りしてしまった。
c0226280_19535340.jpg

by vacpt | 2011-10-22 19:53 | 東京