人気ブログランキング |

CP+

横浜は CP+を見に行きました。
c0226280_21395141.jpg
お目当ては 新しく出たタムロンの150-600
比較的早くいったつもりなのだが 既に行列ができていた。
残念なのは Canonマウントなのに7Dにつけているのがない。
すべて Full Sizeにつけている。さらにカメラの設定を変更しようとしても
レンズメーカーの悲しさ 社員さんは 他社の機材の使い方など
わからないのである。あまりいい印象もてなかったのである。
これは タムロンの営業力のなさである。

次は Canonの ブースへ お目当ては 手頃な 400mm f5.6の単レンズ。 
さすがはキャノンで鳥専の7Dにつけていました。
丁度 前に 立て込んだ桜のハリボテがあって その木々の間に見え隠れする
人に スポット一点AFをあわせると ドンピシャとあう。

最後に SONYの 望遠ブーツへ あまり期待はしていなかったのだが
α99のEVF越しに見える像は明るくOVFよりずいぶん見やすいように思えたのである。
その中で 注目したレンズは70−200mm f2.8 明るくて軽いのである。
しかもカメラ側に 1.4倍 2.0倍のデジタルズームがありトリミングと同じ効果をするのだが、
なんと α99の場合は デジタルズームをしても画素数は落ちない
すなわち画質も落ちないと言うではないか!ほんまかいな???
   
その結果 私の評価は(金額は新品カメラ本体及びレンズの市場価格)
(1)Canon 7D 400mm f5.6 24万円
(2) α99 70-200mm f2.8 45万円
(3) Canon 7D? Tamron 150mm-600mm 20万円
となったのである。いずれにせよ 高い買い物にありそうである。
大いに迷ってしまうのである。

今回落選になったのは BORG
あの 望遠鏡をカメラにつけて ピントをマニュアルで合わせるのは
容易ではないと 実感したのである。
by vacpt | 2014-02-16 20:51 | 神奈川
<< まだ ピントが甘いのである。 続々 中野フジヤカメラ >>